忍者ブログ
「リボーン」のSSを書いています。 雲雀さんが好き・骸さんも好き、きれいなお兄さんが大好きです!お友達を死ぬ気で募集しています!!
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

校舎の屋上で空を見つめていたつもりが、寝ていました。
こんなことはしょっちゅうなので、別に気にもしません。
寝る前の空の雲の流とは、あきらかに違う雲の動きの速さ。
そういえば台風が接近しているはずでした。
遠くから黒い雲が近付いてきます。
見上げているうちに、大粒の雨が顔にぶつかってきました。
ぼと。ぼとぼとぼと。
まっすぐに容赦なく、恭弥にぶつかってくる雨粒は、まるで非難しているよう。
恭弥の顔は、やがて泣き出したかのようにずぶぬれになりました。

      忘れたいことがありました。

傷ひとつなく自分の前に戻ると信じていました。
でも、剣を持つのもおぼつかない。
いまにも崩れ落ちそうな傷だらけの体に成り果てた、自分が強いと認めたものの姿。
声もかけずに、意識が遠のきそうな彼を乗せた車を見送りました。
見なければよかった。
戦友のような気持でいました。
倒れているのが信じられませんでした。
だから全員まとめてかみ殺してしまえばよかったんだ。
きりっと噛んだ唇。
血がにじむことも気づかずに、そのまま街をさまよいました。

誰かの声が聞こえました。
「ツレの強くなった姿を見るのも勉強になるんじゃないのか?」
あの金髪の声です。
強い。彼も確かに強い。
だけど自分が強いと認めたのは、悔しいけれども認めたのは・・・・。

ざあああああ。
降り止まない大粒の雨はやがて雷鳴を連れ出しました。
ずぶぬれの姿で屋上に立ち尽くします。
制服が重いから動けないのではなくて。
自分でも見えてこないこの胸のもやもや。
この雨で流すことができたなら、どんなに楽でしょう。

      きみのことばかり考えるなんて。一体どうしたんだろう。

このままでは家にも帰れません。
この思いに出口はあるのでしょうか。
どうしたら光が見えるのでしょう。

轟く爆音。光る稲妻。答えは誰が持っているのでしょう。
止まない雨。流れ続ける黒い雲。冷えていくからだが、たしかに誰かを求めていました。

 

PR

遠くから見たら白い校舎も、雨に打たれて風にぶつかり疲労していく。

そんな姿をあの背中と重ねた。きみの姿の見えない屋上から考えてみた。

今、きみは目の前の敵を凌駕しているだろうか。心配はしない。きみが強いことを知ってる。

倒されはしない。そう思う。だけど戦う姿を見るわけにはいかない。

興味がなかったはずなのに、今この瞬間に刃を交えているきみを思う。

僕が相手なら、もうかみ殺している時間だと思う、だけど誰も校舎から出てこない。

静かに響く雑音。うなる水の音。

きいいいんと遠くで刃物が荒れる音もした・・・・・・・。

空気をばさりと切って、倒しておいで。

ここまであがっておいで。

きみならここに来れるはずなのに、どうしてまだ来ないのか。

心配はしていない。

きみは強い、だけど落ち着かなくて風を呼ぶ。

早く終らないかな・・・。

瞳を閉じた。でも眠れない。かすかに響く雑音のせいじゃなくて、きみを考えていたいから。

風に揺られながら、きみを思う。

さあ、早く出ておいで。僕がきみを倒してあげる。

 

ああ、あなたですね。

遠くから歩いてくる姿が懐かしい。

どうしました。今日はやけにおとなしいですね。

なにか他のことに気をとられている様子。

でもはりつめた感触。みなぎる生命の力。

あなたはまた強くなったようですね。

 

僕がわかりますか?

思い出してくれましたか?

あなたはあのときは血だらけで、意識も朦朧としていたはず。

なのに闘争本能だけで立っていた。

あなたに会いたいなと思ったのですよ。

面白い逸材だから。

僕を倒したいですか?

あいにくですが、僕はあのひとを護るためにきました。

あなたよりもあのひとの傍にいることがふさわしいと、思い知らせてあげましょう。

 

骸さま。大好きです。お願いだからビジュアル変更しないでね。

こてんぱんにのした相手を見に行くなんて、どういう心理だろう?

そう思いながらも、背中を見送った。

駄菓子屋のまえで落ち着かないのは、ここが黒曜中から随分離れているからか。

それとも夕焼のせいなのか。

もうすぐ夜が始まる。

俺たちが影を潜めてきた、あの夜が始まる。

でもあの頃よりも辛くない。

あのひとと共に生きていることが、俺たちの存在意味。

もうすぐあのひとが、あいつに呼ばれる。

あの弱そうなあいつを護るために、あのひとが指輪をはめて戦う。

その姿が見れるだけでもよしとするのか。

独占したいと恨むのか。

 

久しぶりに書きました。柿です。柿。重いですね・・・。

 

 

あなたが気づかないままでいるのが憎らしいですね。

行き場のないこの気持をいつになればわかるかな?

もうそこまで来ているんだけど、大声を出す趣味はありませんからね。

迎えに来ますか?あなたに鎖を巻き付けたくなります。

僕を呼びつけてもいいのですよ?あなたの言うことなら聞こうじゃありませんか。

その温かい頬に触れさせて欲しいな。今一度。

ねえ、僕の声が聞こえていますか。もうそろそろ僕を呼びつけてください?

どこからでもあなたの元に駆けつけます。

あなたのそばに誰も寄せ付けませんよ。僕があなたを守ります。

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
プロフィール
HN:
柊リンゴ
性別:
女性
職業:
バイト。
趣味:
お買い物。寝ること。
自己紹介:
言葉を綴るのが大好きです。
詩を書くことで自分を見直したりします。
なぜか男子目線な詩を書きますが、自分を癒すだけじゃなくて。あなたを癒せたらいいなあ。

邦楽(アジカン・バンプ・ラルクとか)大好き。
猫好き。チョコ好き。
バーコード
ブログ内検索
お世話になります。
アクセス解析
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]